家庭での排水管の水漏れトラブルを防ぐ工夫

家庭での排水管の水漏れトラブルを防ぐ工夫 排水管トラブルといえば水漏れやつまりが代表的です。ほとんどの場合はつまりが原因で起こる水漏れが多いです。排水管のつまりは日常では目につかない場所なので普段からあまり意識することなく使用していますが知らず知らずの間に汚れが蓄積し痛んでいきます。私たちの生活の中で水回りは欠かすことができない設備です。トイレ、キッチン、お風呂がなくては生活に支障をきたすこともあります。水道のつまりや排水管 水漏れが起きてからの対応も大事ですが、トラブルが起きないように防ぐこともとても大切です。ここでは大きなトラブルになる前に家庭ですぐに実践できるトラブル予防策を紹介します。

■トイレでのトラブル予防

昔の家庭は和式トイレだったため、つまりにくくトイレでの水漏れトラブルはあまりありませんでしたが、今はほとんどの家庭が水洗式の洋式トイレを設置しています。また水の使用量が多いので水のトラブルも多い設備です。トイレはもともと大量の水を勢いよく流すためつまることはあまりないのですが、水を節約したり、大量のトイレットペーパーを流してしまったことによって生じるつまり、小さなお子さんのいる家庭では誤っておもちゃを流してしまうことによって起こることが多いです。それが原因で排水管がつまり水漏れを生じます。そんなときに大活躍するのが吸引カップです。気づかないうちに排水管がつまっていることもあります。いざというとき以外でも定期的に吸引カップでのお手入れをすることをおすすめします。

■キッチンでのトラブル予防
キッチンで排水管トラブルの原因は食べかすや油汚れです。食べかすをそのまま流してしまったり、食器や調理器具、鍋などを洗ったときに付着した油汚れが冷えて固まり詰まることがトラブルの原因につながります。それを防ぐためには使用した食器などの油を一度キッチンペーパーなどで拭いてから洗ったり、排水溝にお湯を流し入れ、流れてしまった油が固まらないようにすることを心がけるとよいでしょう。そしてなるべく食べかすなどは直接流さない、流す際はフィルターを通してから流すなどの工夫が必要です。

■浴室、洗面所でのトラブル予防

浴室、洗面所での一番の原因は髪の毛やごみ、メイク、水垢です。洗面所の排水管は樹脂を加工したパイプがつながってできています。その部分に流れたヘアワックスやメイク汚れなどもこびりついてしまいます。こびりついている量が増えると、流れてきた髪の毛などのゴミが引っかかり流れにくくなくなります。そして、そのつなぎの部分からつまりはじめてしまいます。実は私たちが思っているよりも多くの髪の毛が流れ込んでいます。またこの場所は排水溝自体のフィルターがあらいものが多くシャンプーなどに紛れて簡単に流れていきます。予防策としては直接流すのを防ぐことです。排水溝のふたにさらにドラックストアなどで販売されているフィルターを被せたり、こまめに取る習慣をつけたり、定期的にブラシなどで清掃しぬめりを落とすことです。長く放置したぬめり汚れには塩素系の洗剤を使って掃除するときれいになりやすいです。しかし塩素系の洗剤を使用する際には十分な換気が必要になりますので注意してください。

■まとめ
家庭の中での水回りは日常頻繁に使うためトラブルを防ぐことは難しいのが現状です。しかし、日々の少しの工夫と定期的なお手入れでトラブルを起こりにくくすることはできます。特に集合住宅で水漏れがあると近隣の住人にも多大な迷惑をかける可能性が考えられます。そのため、水漏れトラブルが起きないように、万が一起きても最小限に抑えられるように各家庭での日々の工夫が大切です。それでもなにか異常が生じた場合はすぐに業者に依頼して点検を行ってもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース