見えない場所での排水管の水漏れは要注意

家庭での水のトラブルが多いのはトイレでのつまりや水漏れ、キッチンの蛇口からの水漏れと目で見て確認できることが多いです。しかし、水のトラブルは目で見えないところでも起こっていることがあります。そして気づいたときには大きな被害につながっていることもあります。

■目に見えない水のトラブル

目に見えないトラブルの1つに床下の排水管からの水漏れがあります。気が付いたときには床が水浸しになっていたり、なぜか水が溜まっていることがあります。突然の床下水漏れには主に2つの原因があります。排水管の経年劣化や破損に伴うものと蛇口の劣化、パッキンの劣化に伴うものがあります。そこから床に流れ込むことが多いです。とくに蛇口のゴムパッキンはどんどん年数を重ねることに固くなり割れやすくなります。パッキンが痛むと緩みが生じて隙間ができ水が漏れやすくなります。大切なのはまず原因がどこなのかを探すことです。自分で見つけられないのならば業者に依頼しましょう。

■もし床下で水漏れを発見した場合

万が一発見したときは、原因追及と同時に二次被害を防ぐための対処が必要です。二次被害として挙げられるのは、建物自体の劣化、家具家財の腐食、漏電の可能性、水道代が高くつくなどの経済的な負担が大きくなることです。水漏れによって腐食し使用できなくなり買い換えたり、水道のメーターが急に上がっていたりして水漏れに気づくケースもあります。また、床下で起こったことにより家全体の湿度が上がり、ダニやシロアリが発生し健康にも影響をきたすこともあります。さらにマンションや集合住宅では特に注意が必要です。上階での水漏れは下の階の住宅にも影響し近隣トラブルにもつながりかねません。そんな二次被害を防ぐためにも水漏れに気づいた段階で、家具家財を保護し、漏電を防ぐために電源コードを抜いて外します。そして水の元栓を止められるなら止めましょう。

■まとめ
床下での水漏れはなかなか気づかず、水道料金が上がったり、気づかないうちに少しずつ漏れていることもあります。もちろん業者に依頼し早急に修繕していただくのが最善の方法です。しかし日々の少しの確認や点検だけでも大きな被害を防ぐことができます。蛇口から異臭がしないか、パッキンは緩んでいないかなどを普段から確認しましょう。そしてトラブルを起こさないためにもつまりやすいものは流さない、油を流さないなどに気を付けるだけで劣化は防ぐことができます。特に床下で発見したときには深刻な場合が多いです。少しの対処法を知っているだけで二次被害を最小限に抑えることができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ