自分で確認する排水管の水漏れ

今、蛇口の漏れやパッキンの取り換えは業者に依頼せずとも個人でも簡単に水道 修理できるものも増え、工具や部品もホームセンターで手に入るようになりました。部品もどんどん簡単に操作できるものが増えてきています。その判断基準を見極めることができれば個人でも修繕することができます。定期的に確認でき、早い段階で気づくことができるので知っておくと安心かつ万が一の時に焦らず対処できます。

■水漏れの見分け方

自宅で水漏れが起きているかどうかを確認する方法を紹介します。これを知っているだけで自分でも確認でき早急に気づくことができます。まず自宅の普段出しっぱなしにしている洗濯機の水道や食洗器などの水道を止めます。次に家の元の止水栓を閉めます。そしてメーターを観察します。止水栓を閉めた状態でもメーターが動いている場合は水漏れが起こっている可能性が高いです。また普段から水道から異臭がしたり壁の中からいつもとは違う水の音が聞こえたり、屋外の土がへこんでいたりというような異常があれば排水管の異常の可能性があります。

■水漏れが確認できたら

もしも水道のメーターが動いていたら、水漏れ箇所を探します。確認としてまず、配管の接続部分のナットやボルトをきつく締めてみます。接続部分からの水漏れの場合は締めるだけで解決することもあります。また排水管のつまりが原因の場合もあります。もしも外せる排水管なのであれば外して中を清掃してみるのも効果的です。髪の毛やキッチンでの生ごみがつまりの原因になっていることも多くあります。水道の部品には多くのゴムパッキンがついています。それの劣化による水漏れもよく起こります。その際はパッキンの交換を行ってみましょう。水道の寿命はおよそ7年から10年といわれています。使用年数によってはゴムパッキン以外にも部品の取り換えが必要になる場合もあるでしょう。それでも水漏れが止まらない場合は業者にお願いしましょう。

■まとめ
水漏れは自分で気づくこともありますが、多くは水道料金の高騰や点検の際に気づくことも多くあります。もし普段から定期的に点検、確認できる知識があれば大きな被害を防ぐことができます。また自分で修繕することができれば修理費用を安く抑えることもできます。しかし大きな水漏れや安易に行うことはおすすめしません。より被害を大きくすることになってしまうこともあるからです。そのために自己判断で解決できないと思った際は迷わず業者に依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ